banner

本当に必要?がん保険

数ある保険の中でも、がん保険に加入するのは本当に必要なのか疑問に思うこと多いのではないでしょうか。

がんになってしまう原因として遺伝が大半を占めていると思う方もいらっしゃるでしょうが、実際には生活習慣による影響が9割以上を占めているといっても過言ではありません。
喫煙をはじめとした様々な生活習慣により、高齢になった時のがん発生率が高まってしまうのです。

がん保険に加入することが本当に必要なのか迷ったとき、実際にがんになり治療を行った際に、どれくらいの治療費がかかるのか把握しておくと良いでしょう。
もし、貯金等で余裕を持って治療費を支払えるという場合には、無理に加入しなくても対応出来る可能性も考えられます。

仮にがんになってしまった場合、必要な費用としては、入院や治療費、抗がん剤などの薬にかかる費用、治療中に必要な生活費、退院後の治療費やケアにかかる費用、そして検査費や診察の費用などです。

がんの治療費を全て含めると非常に高いイメージを持たれることがあります。
治療費は数十万円、ケースによっては300万円やそれ以上かかるなど、病状により大きく上下します。

そのため、悪いケースを考慮しても、300万円程の治療費を払っても苦しくない経済力がある場合には、保険に入らなくても心配はないとも言えます。

お知らせ

[2015年07月15日] ホームページを更新しました。

Copyright©2015【本当に必要?がん保険】 All Rights reserved.